Amazon Prime でアニメが見放題!

こんな考えあんな考え

投稿日:

「勉強が嫌い」と言えたのは、勉強をしなくても一時的になんとかなる環境があったからって記事を読んだって話。

医療記者 の朽木さんの『「勉強が嫌い」だった私に伝えたいこと』という記事を読みました。

医療記者の朽木さんが医師国家試験を受けたという内容。

好きな言葉がいくつかあったので引用してみます。

「勉強が嫌い」と言えたのは、勉強をしなくても一時的になんとかなる環境があったから

国試の勉強をしてみて、気づいたのは自分が「勉強が嫌い」ではなくなっていることだった。私が「勉強が嫌い」と言えたのは、勉強をしなくても一時的になんとかなる環境があったからだ。社会に出て、生きていくためには、そうも言っていられない。

この

私が「勉強が嫌い」と言えたのは、勉強をしなくても一時的になんとかなる環境があったからだ

という文章。

いいですね~。

本当に、「嫌い」「やりたくない」など言える状況ってまだまだ楽な状況なんだよね。

「これやらなければ死ぬ!」という環境ではそんなこと言ってられないから。

嫌いと言えてしまっている状況は「なんとかなる」と思ってしまっているとも言える気がする。

やらなくてはいけない状態って本当に変われるもんね。

もちろんその状況にいて、しっかりと自分が状況を把握できていればの話だけど。

本当に必要なことであれば、どれだけ逃げ回ってもどうせまた向き合うことになる

当時の私には伝わらないだろう。「自分が本当に医師になりたいのか」と悩んで、頭がいっぱいだったから。せめて伝えたいのは、本当に必要なことであれば、どれだけ逃げ回ってもどうせまた向き合うことになる、ということだ。

本当に必要なことであれば、どれだけ逃げ回ってもどうせまた向き合うことになる

あ~、これも分かる~。

避けても避けてもまた戻ってくるし、そこを越えない限り先に進めない。

環境を変えて、面倒な事を早く片付ける

今回の言葉はとても分かりすぎる話。

  • 「勉強が嫌い」と言えたのは、勉強をしなくても一時的になんとかなる環境があったから
  • 本当に必要なことであれば、どれだけ逃げ回ってもどうせまた向き合うことになる
  •  
    「そんなこと言ってられない!やらなきゃ死ぬ!」という環境に出来るだけ早く追い込んで、
    面倒と思ったことは早く片付ける

    そういうふうに動けたらもっと良い方に行ける気がするな^^

    って話でした!

    -こんな考えあんな考え

    Copyright© 海苔頭のかんがえごと , 2019 All Rights Reserved.