Amazon Prime でアニメが見放題!

なんとなく

投稿日:

売れ線を狙うこと・多数がやってることをやるのは、別にあなたじゃなくて良いよねって話

「売れ線を狙うことって、別にあなたじゃなくて良いよね」

なんてことを音楽をYoutubeで色々と聞いて思ったり。

レーベルなんか良い例だよね。

レーベルってのは「特色」があって、やっぱり似たような音楽性を集める。
大きく見ると似ていて、中~小の目で見ると全然違うみたいな。

おそらく、レーベルの中で売れたバンドがあるから、その路線のを集めているのかもしれない。

「色々なアーティストいるんだな~」

と楽しみながら見ていて、途中から

「ありゃ、同じアーティストだと思ったけど違う方々だったんか!? ビックリ!」

みたいな瞬間が多数。

売れ線を狙ったのか、本当に自分達でやりたい音楽がそれなのか、分からないけど、似すぎてしまうともう誰でもいいんじゃないかな? みたいな感覚。

〇〇フォロワーで突き抜けたアーティストってあまりいないよね

個性のあるアーティストが出てきて、そのあとに雨後の筍のように〇〇フォロワーとして似たようなバンドが出てくる。

たいして残らない。

似た感じだもんね。

強烈な「あなたじゃなきゃダメなんだ!!」感が少ないもんね。

売れ線に行くのって、余程の事じゃない限り「埋没」に繋がると思うんよね。

なんでも言えるよね

これって結局何でも言えることで、僕のやっている事全てにも当てはまる。
みんなのやっているものにも当てはまるかも。

やりたいこと、売れたいこと、認知されたいこと、褒めてもらいたいこと・・・

色々な効果があるとは思うけど、「売れ線」もしくは多数がやっていることを目指すと「別にあなたじゃなくて良いよね」ってことにも繋がってしまう気もする。

このバランスと位置取りは難しいよね~。

常にここらへんは考え続けたいなと思ったってな話です。

良い場所を見つけたいですね~^^

-なんとなく

Copyright© 海苔頭のかんがえごと , 2019 All Rights Reserved.